天高く、いつまでも落ちて来ないボール、美しい飛球線

シャフトの硬さはフレックスではなく、全て振動数で管理されているあたりが、玄人が好むArchシャフト。

シャフトの挙動に徹底した拘りを持つ一方で、外観(塗装)にも拘り、塗装を最小限に抑えてシャフト本来の性能を引き出し、その中でも視覚的な効果も狙ったシャフトデザインは秀逸の一言です。

※下記のリストのものが試打クラブリストです。(一部準備中もあります)

アーチシャフト試打クラブリスト

16509-25 16609P-26 164α-22

※現在準備中です